症例報告です


ななみ整骨院グループ 弥勒寺院の柴田です

本日の症例報告です

60代男性の方でデスクワークを長時間行うことが多く

座位の状態で下肢のしびれがまれに出現します

検査では症状は出現しませんが

臀部と大腿部の筋緊張が強く長時間座ることにより

坐骨神経への圧迫が強まり症状が出てきてしまっています

また臀部と大腿部の筋肉は骨盤に付着しているため

筋の硬さにより骨盤を引っ張ってしまい間接的に腰への負担を強めています

痛みの改善を行うためには

手技治療で全体的な筋の柔軟性を向上すること

筋の作用によりゆがんてしまった骨格を修正するために骨盤矯正治療を行います

私生活によって気が付かないうちに負担が蓄積してしまい症状が出現してしまいますので

定期的な身体のケア・治療をお勧めいたします

気になることや症状についていつでもご相談ください

お待ちしています。