症例報告です


ななみ整骨院グループ 弥勒寺院の柴田です。

本日の症例報告は肩の痛みです

50代男性の会社員の方で肩の痛みと痺れを訴えて来院されました

脊柱管狭窄症や頸椎ヘルニアを疑いましたが検査は陰性となり

頚部からの障害ではありませんでしたが

背中が猫背になりやすく背部の筋もかなり硬さが出ていたため

腋の下から出ている腋窩神経を圧迫してしまい症状が出現していました

ななみ整骨院では症状緩和を行うために

手技治療で筋の柔軟性を向上し

矯正治療で骨格からのバランスを整え

圧迫を除去し痛み痺れの改善を図りました

最後に高周波で圧迫している深部の筋の緊張の改善を図りました

痛みの数値はMAX10から2となり痺れも改善されましたが

これで治療を終了すると再度症状が現れてしまいますので

しっかりと柔軟性が向上するまでは継続して行います。

皆様も急な手足のしびれなどが出た場合は放置せずに

一度ご相談をしてみてください!!

ななみ整骨院でもお待ちしています!!